新着情報

※終了しました※「病院機能評価 Ver.1.1 受審対策セミナー」(2017年5月27日(土)/広島)好評受付中です。

日総研グループ様発行の月刊誌『ナースマネジャー』における過去の連載記事 「病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)の受審準備・改善対策とスタッフへの意識付け」 が好評を頂きました弊社コンサルタント 小金丸が、上記のセミナーにおいて講師を務めます。

病院機能評価は、今年度の診療報酬改定にて新たに総合入院体制加算の要件となりました。
また、地域医療支援病院や特定機能病院の要件としても、病院機能評価の認定が問われています。
今後も、地域の中心的な役割を果たす医療機関にとって、医療の質を保障するものとして、第三者評価を受けていることが求められています。
本セミナーでは審査の流れといった基本的な解説から、評価項目のポイントとなる最近の事例など、審査対策や受審準備の参考となる事例を多数ご紹介します。

なお、病院機能評価 Ver.1.1 は今年度までとなり、2018 年4 月からは新バージョンへと移行する予定となっています。今回は、現行のVer.1.1 バージョンでの受審を予定している病院様へ、現バージョンのセミナーの最終開催のご案内となります。

株式会社ユアーズブレーン 病院機能評価コンサルティング支援メニューはこちらから

 

【セミナーコンテンツ】

■病院機能評価 Ver.1.1 の審査の仕組み、評価体系の解説
・評価項目は4つの領域へ集約、ケアプロセス審査を重点化
・訪問審査は原則2 日間:審査日程が短縮され病院職員の負担軽減
・主機能と副機能に分かれ、病床編成によってはスケジュールが複雑化

■現バージョンの実際の審査に基づく対策の紹介
・審査スケジュールの組み方の注意点
・審査会場の設営や、ケアプロセス会場の設営について

■受審にむけた効果的な受審準備を!
・これからの審査対策や、準備活動の事例を紹介
・最近の本審査にて、これまでにあった指摘事例をご紹介
・ 新バージョンのケアプロセス審査はどうすすめるべきか!?
・プロセスを重視する評価となり、継続的な取り組みと改善の事例が必要
・医療安全と感染対策など院全体での安全な医療提供体制を評価

【開催要領】

■日時: 2017年5月27日(土) 13:30~17:30
  
■会場: ユアーズブレーンセミナールーム(広島市中区国泰寺町 中国電力本社様そば)

■料金: 一名様:5,400円 (消費税込、事前振込制)

■定員: 30名

■講師: 株式会社ユアーズブレーン 医業経営コンサルティング部 小金丸 実・大迫 孝史

【セミナーお申し込み】

下の[お申し込みフォーム]より必要事項を入力・送信ください。

セミナーお申し込みフォームはこちら

ページの先頭へ