新着情報

ユアーズブレーングループ「働きかた改革」令和2年度 行動計画について

(行動計画期間:令和2年4月1日~令和3年3月31日)

ユアーズブレーングループは、所属するすべての社員(正社員、パート社員、契約社員、定年再雇用社員)が、その能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい業務環境の整備を行うために、以下のように行動計画を策定します。

・下表1~3については、それらの要素を含む『就業規則』及び関連諸規程に基づき、社内の推進を図ります。
・下表4については、今年度1年間を通じて、実施に必要な諸条件や予算の確認、『就業規則』及び関連諸規程の見直しを行います。

ユアーズブレーングループ「働きかた改革」行動計画(テーマ・内容と目標・活動)一覧

テーマ 内容と目標 活動
1.所定外労働時間の削減 各種の勤務シフト制を活用し、日々の業務状況に合わせた出勤・退勤を行うことで所定外労働時間の削減を図ります。 《確認活動》
毎月の所定外労働時間の集計と管理者への通知《改善活動》
削減が進まない業務についての改善ミーティングの推進

 

2.有給休暇取得率の向上 意識的・計画的に有給休暇を取得・消化することで、法に定める消化日数のクリアを図ります。 《確認活動》
毎月の有給休暇取得状況の確認と通年での消化率の進捗管理《改善活動》
有給未消化の社員に対する取得日程の設定指示

 

3.社員それぞれの家庭や家族の事情に合わせた働き方の実現

下記に該当する社員が、時間外労働の制限や短時間勤務、休暇の取得等を積極的に行える環境づくりを図ります。

・女性や母親である社員が、母性健康管理や出産を行うため
・親である全ての社員が、子の看護や育児を行うため
・介護が必要な家族と暮らす社員が、その介護を行うため

 

《確認活動》
社員における上記の条件の該当状況の確認《改善活動》
社員それぞれの状況に対し、最も適した制度の適用の推進
4.テレワーク制度の確立と推進

下記を目的として働き方の方法・手段を見直し、同時に顧客への貢献度の維持・向上を図ります。

・上記の各テーマ(特に3)への対応を含む、社員のライフスタイルに合わせた働き方の実現のため
・起こりうる自然災害やパンデミック等による、通勤や出社業務の制限への対応のため

 

《令和2年度上期》
テレワークの導入に関する諸条件の確認、予算の検討等《令和2年度下期》
既存の『就業規則』等の見直し

※上記の行動計画の内容は、活動状況の進捗の状況や時勢の変化等に併せ、適宜見直しを行います。

ページの先頭へ