事業支援・事業承継コンサルティング

事業支援・事業承継コンサルティング

経営環境の目まぐるしい変化において必要なことは、”的確な現状の把握”と”今後実施すべきこと”を明確にし、全社的に把握し、推進することです。
経営の視点を「今起こっている問題」だけではなく、「今後発生する問題」、「経営環境の変化により起こりうる問題」にシフトさせ、何に対して優先的に取り組んでいくべきか、また取組みによる成果が上がっているのかを明らかにするための支援を行います。

セミナー等最新情報

※現在、関連セミナーを企画中です。決定次第ご案内いたします。

事業支援コンサルティング

限りある経営資源の投資効果を最大限に発揮し、新たな事業の柱を構築するための支援を実施します。

支援内容

  • 事業診断・新規事業開発支援

    [既存事業の評価~新規事業テーマの選定]
    既に確立・保有している経営資源(人的資源、仕入先資源、時価純資産、企業文化等)の”たな卸し”(過去に自社が獲得した有効資源の再認識)や、自社顧客(既存及び新規)と自社技術(既存/新規)との最適マッチングを行い、どのような領域において自社の強みが生かせるのかを明らかにします。

    [事業開発テーマの決定]
    前ステップにて選定した事業テーマの実現性/収益性等を確実にするための実務的な検討を行います。

  • 経営計画策定支援

    [経営環境分析]
    全社的な戦略の再確認と自部門の戦略上の位置づけの明確化を行います。
    業界や市場の動向といった外部環境のみならず、自社の内部の特徴についても分析を行い、「自社の弱み」を分析することにより危機感を共有し、「自社の強み」を分析することにより自社に対する自信と推進力を与える効果もあります。

    [財務体質分析]
    過去の経営結果からの、今後の管理上のポイントの明確化を行います。
    様々な戦略活動を推進し、数値目標を達成していくために、今の自社において必要な基本体質・体力がバランスよく揃っているか、財務数値の過去からの推移状況より、今後どのような要素を見直していく必要があるのかを明らかにします。

    [中期数値計画策定]
    目標数値の詳細化による経営管理の精度向上を目的とし、シミュレーションにより全社及び各事業(サービス)別の中期(3~5ヵ年)の数値予測と計画を明らかにします。

事業承継コンサルティング

遠い将来に事業承継を迎えられる方、近い将来に事業承継を検討される方、あるいは現在、事業承継の進め方でお悩みの方は、様々なお悩みを抱えているものです。「資産や内部留保が多く、どのように整理してよいか検討がつかない」「承継した後に、後継者がどのような経営路線を選択するのか不安」「そもそも事業継続して良いか判断がつかない」…等々。

ユアーズブレーンの事業承継コンサルティングは、事業内容・資産構成・経営者のお考え等を確認した上で、ベストプランをご提案いたします。

事業継承・廃業までの流れ

※上記図引用元資料:「中小企業白書2014 事業承継・廃業-次世代へのバトンタッチ」
(上記リンク先から中小企業庁webサイト内PDFが開きます)

サポート内容

  • 事業再生サポート

    企業価値と債務の評価をはじめとし、主要金融機関に提示する再建計画の立案・交渉、最適な再生手法の選択・決定、再生計画の推進支援等を行い、経済社会の維持と発展のためのお手伝いを致します。

  • 事業承継サポート

    個人・法人の資産評価はもちろんのこと、既存の戦略の評価や企業体質の評価を併せて行い、円滑な事業承継のための各種プランの設定を行います。 また、事業承継後の円滑な事業の継続のために必要な要素(新しい経営体制における経営者のサポート機能の強化等)を明らかにし、ご支援いたします。

ページの先頭へ