岩藤斉治税理士事務所
tel:082-243-7331 fax:082-249-7070
お問い合わせフォーム
HOME会社概要お問い合わせコンサルタント募集SITE MAP

新規開業 広島






2017.07.01 【経理総務担当者のための今月のお仕事カレンダー】 2017年7月のお仕事カレンダー
7月は労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届の他、夏季休暇がある場合には、取引先へ事前にお知らせするとともに、取引先の休暇状況も確認しておきましょう。  >> 続きはこちらから

2017.06.10
【会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座】特別徴収税額決定通知書に記載のマイナンバーはどう取扱いますか?
個人住民税の特別徴収税額決定通知書にマイナンバーが記載されていますが、どう取扱えばよいでしょうか? >> 続きはこちらから

2017.06.27 【やさしい税務会計ニュース】  被相続人が独居で相続人が賃貸暮らしの場合の小規模宅地等の特例
 平成29年1月に母が亡くなり、母が住んでいた家と土地を相続し、私はそこに引っ越すことにしました。母は亡くなるまで一人暮らしで、父は既に他界しています。私はずっと独身で、近所の賃貸マンションで一人暮らしをしていました。この場合、「特定居住用宅地等」として小規模宅地等の特例の適用を受けることができますか?
 >> 続きはこちらから
 

>> その他 最新のニュースページへ

 

2017.06.29 【医療福祉業界ピックアップニュース】 常勤の福祉介護職員の平均給与、平成28年は13,807円増

厚生労働省は3月31日、平成28年度の障害者福祉サービス等従事者処遇状況等調査の結果を公表しました。  >>続きはこちらから

2017.06.30 【医業経営情報】 医療機関の夏季賞与 1人平均支給額の推移

夏季賞与支給の季節です。ここでは病院と一般診療所の別に、直近4年間(平成25年~28年)の夏季賞与支給労働者1人平均支給額(以下、1人平均支給額)などを、事業所規模別にご紹介します。  >>続きはこちらから

2017.06.30 【福祉経営情報】 福祉関連業種の夏季賞与 1人平均支給額の推移
 夏季賞与支給の季節です。ここでは厚生労働省の調査結果から、福祉関連業種の直近4年間(平成25年~28年)における、夏季賞与支給労働者1人平均支給額(以下、1人平均支給額)などをご紹介します。  >>続きはこちらから

 

>> その他 最新のニュースページへ

 

2017.07.01 【総務担当者のための今月のお仕事カレンダー】 2017年7月のお仕事カレンダー
いよいよ7月になりました。今月は労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎、高年齢者雇用状況報告書及び障害者雇用状況報告書と、たくさんの届出があります。スケジュールを立て、漏れのないように業務を進めましょう。  >> 続きはこちらから

2017.05.25 【旬の特集】 政府から公表された「働き方改革実行計画」とは
昨年の秋から今年3月まで、首相官邸で「働き方改革実現会議」が開催されました。この会議は、「働き方改革」として、長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現、最低賃金の引上げ、高齢者への就労機会の提供等の課題を解決するための議論を行い、具体的な実行計画を作り上げるために開催されたものです。今回は、その中でも企業にとって大きな影響が出てくると思われるもの、早めの検討が必要なものを確認しておきましょう。 >> 続きはこちらから

2017.06.08 【会話形式で楽しく学ぶ】 労働者のスキルアップや資格取得を支援する専門実践教育訓練給付とは
服部工業では、従業員より保育士になりたいため、退職をしたいという相談がありました。会社としては、やむを得ない退職と思いつつ、何かこの従業員が活用できる制度はないのか、社労士に相談することにしました。 >> 続きはこちらから


 

>> その他 最新のニュースページへ

 

株式会社ユアーズブレーンは、1973年に開設した税理士事務所を母体とする経営コンサルティング会社です。

創業以来、単なる税務申告・記帳代行業務の範囲に留まらない様々なコンサルティングサービスの開発・ご提供を行うことにより、経営理念である「地域経済社会のサテライトステーション」としての存在を実現するべくチャレンジを続けております。

なかでも病院・クリニック等の医業経営の分野においては、医療制度の改革の流れを常に把握しながら、財務面(会計・税務指導)はもちろんのこと、医院の開業支援から事業承継に至るまでの経営全般のサポートを行う会社として、広島・中国地方でも有数の実績とノウハウを 保有していると自負しております。

もちろん、医業経営以外の一般企業様の経営支援や、社会保険労務士による人事・労務相談等においても、様々なニーズにお答えできる体制づくりにより、経営者の皆様にとっての「一番身近な専門家」としてお役にたつことをお約束します。